武将浮世絵

うたがわよしつや さく「よりみつうんきをさっしてあしがらやまにきんときをえる」 歌川芳艶 作「頼光雲気を察して足柄山に公時を得る」

頼光雲気を察して足柄山に公時を得る

本武将浮世絵(武者絵)の画題となっているのは平安時代中期、足柄山(あしがらやま:神奈川県静岡県の境にある金時山周辺の呼称)で育った「金太郎」こと「坂田金時」(さかたきんとき)が、足柄峠を通った平安京の武将「源頼光」(みなもとのよりみつ)に見出され、仕えることとなった場面を描いています。題名にある「公時」は、坂田金時のことです。

本武将浮世絵(武者絵)の右側で高々とを掲げる源頼光のもとには、のちに坂田金時を加えて「頼光四天王」と呼ばれる家臣、「渡辺綱」(わたなべのつな)、「碓井貞光」(うすいさだみつ)、「卜部季武」(うらべのすえたけ)が控えています。

そして、坂田金時の目線の先には雲気(うんき:空中に立ち上る超自然の気)がたなびき、坂田金時を育てた山姥(やまうば:山に住む女性の怪異)が佇んでいるのです。

本武将浮世絵(武者絵)の制作者は、江戸時代末期の浮世絵師「歌川芳艶」(うたがわよしつや)。とりわけ武者絵で才能を発揮した他、妖怪を題材とした作品も数多く手がけています。

頼光雲気を察して足柄山に公時を得るの浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳艶 浮世絵の題材 源頼光

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「頼光雲気を察して足柄山に公時を得る」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼