武将浮世絵

うたがわとよのぶ さく「しんせんたいこうき じゅうよくごうをせいす」 歌川豊宣 作「新撰太閤記 柔能勢剛」

新撰太閤記 柔能勢剛

本武将浮世絵は、1582年(天正10年)に尾張国(現在の愛知県西半部)の「清洲城」で行なわれた「清洲会議」における一場面を描いた絵図。

絵図の左側で刀剣に手をかけているのは、織田家家臣「佐久間盛政」。中央にいるのは、「鬼柴田」の異名を持つ織田家の重臣「柴田勝家」。そして、絵図の右側にいるのが「豊臣秀吉(羽柴秀吉)」です。

清洲会議は、「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれた「織田信長」の後継者を誰にするか、また遺領(いりょう:残された領地)をどのように分配するかを決める会議です。

織田信長の後継者候補は3人。ひとり目は、織田信長の次男である「織田信雄」(おだのぶかつ)。2人目は、織田信長の三男「織田信孝」(おだのぶたか)。織田信孝を推薦したのは柴田勝家で、自身の勢力を拡大するために織田信孝を推しましたが、それに待ったをかけたのが豊臣秀吉でした。

豊臣秀吉は、3人目の後継者候補として「三法師」(さんぼうし:のちの「織田秀信」[おだひでのぶ])の名を出します。

三法師は、織田信長の嫡男「織田信忠」(おだのぶただ)の長男。織田信長の後継者だった織田信忠は、本能寺の変の際に自害しているため、織田信忠の子である三法師が家督を継ぐのは自然なことでした。

豊臣秀吉は、明智光秀の討伐合戦である「山崎の戦い」において最大の武功を挙げていたため、誰も反対することができなかったと言います。

そして、この後継者決めにより豊臣秀吉と柴田勝家の対立が激化。豊臣秀吉の天下取りの緒戦と言われる「賤ヶ岳の戦い」へと繋がるのです。

新撰太閤記 柔能勢剛の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 清洲会議

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「新撰太閤記 柔能勢剛」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼