武将浮世絵

うたがわくによし さく「わしのおさぶろういちのたにひよどりごえの
あんないしゃとなるず」
歌川国芳 作「鷲ノ尾三郎一の谷鵯越の
案内者となる図」

鷲ノ尾三郎一の谷鵯越の案内者となる図

本武将浮世絵(武者絵)は、「一の谷の戦い」にまつわる「鷲尾三郎」(わしおさぶろう)の逸話を描写した作品です。

源義経」率いる源氏は、「三草山の戦い」(みくさやまのたたかい)で勝利を収め、一の谷に向かって南下していましたが、鵯越(ひよどりごえ)のあたりで道に迷ってしまいます。暗闇の中で途方にくれていた源氏一行に手を差しのべたのが播磨山中で猟師をしていた鷲尾三郎でした。

彼の案内によって、源氏一行は無事一の谷に到着。夜が明けると、源義経を先頭に「鵯越の逆落とし」と呼ばれる奇襲攻撃を仕掛け、平家に勝利したのです。鷲尾三郎がいなければ、「源平合戦」の結末は変わっていたかもしれません。

この活躍によって、鷲尾三郎は源義経から「義」の一文字を拝名。「鷲尾三郎義久」を名乗る重臣となり、「衣川の戦い」で源義経と共に最期を迎えたと言われているのです。

3枚続きの本武将浮世絵(武者絵)では、真ん中に熊と格闘する鷲尾三郎、その右側の画面で、この様子を心配そうな表情で見守る「武蔵坊弁慶」と源義経を描くことで、一の谷への道のりが険しいことが表現されています。有力武将の配下となって、立身出世を夢見ていた鷲尾三郎にとって、源義経率いる源氏一行を無事に一の谷まで案内することは、夢をかなえる千載一遇の大チャンスでした。

本武将浮世絵(武者絵)に描かれている鷲尾三郎の表情も真剣そのもの。命がけで源氏一行の先導役を務めた鷲尾三郎の心情が表現されていると言えます。錦絵を3枚並べた横に広い画面を十分に活かした構図は、革新的な画法で名を上げたと言われる浮世絵師「歌川国芳」の真骨頂です。

鷲ノ尾三郎一の谷鵯越の案内者となる図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 鷲尾三郎

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「鷲ノ尾三郎一の谷鵯越の案内者となる図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼