合戦浮世絵

うたがわよしとら さく「みなもとのよりみつふじわらやすまさの
りょうしょうめんちょくめいおうけてたんばのくにおおえやまのきとうしゅてんどうじたいじ」
歌川芳虎 作「源頼光藤原保昌之
両将免勅命丹波国大江山之鬼盗酒呑童子退治」

源頼光藤原保昌之両将免勅命丹波国大江山之鬼盗酒呑童子退治

本合戦浮世絵は、平安時代から鎌倉時代にかけて京の都を荒らし回ったとされる丹波国(たんばのくに:現在の京都府中部・兵庫県北東部)の「大江山」(おおえやま)に棲む「酒呑童子」(しゅてんどうじ)退治の勅命(ちょくめい:天皇の命令)を受けた「源頼光」(みなもとのよりみつ)と、「藤原保昌」(ふじわらのやすまさ)が兵を率いて、大江山で酒呑童子を成敗したという逸話をもとに描かれた作品です。

源頼光は、平安時代中期の武将。その武勇で「清和源氏」興隆の基礎を築いた1人であると言われている人物です。

このとき、源頼光の手に握られていたと言われているのが、「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)の号を冠せられた太刀。平安時代中期に伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県中西部)で活動していた刀工「安綱」(やすつな)によって制作され、現在は国宝に指定されている名刀です。

本合戦浮世絵の作者「歌川芳虎」は、江戸時代末期から明治時代中期にかけて活動していた浮世絵師。幕末期から明治初期(文明開化期)において、最も活躍した浮世絵師の1人だと言われています。

源頼光藤原保昌之両将免勅命丹波国大江山之鬼盗酒呑童子退治の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳虎 浮世絵の題材 酒呑童子退治

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「源頼光藤原保昌之両将免勅命丹波国大江山之鬼盗酒呑童子退治」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼