合戦浮世絵

うたがわよしかず さく「ぶんちがんねんくがつじゅうななにち ろくじょうほりかわようちのず」 歌川芳員 作「文治元年九月十七日六條堀河夜討之図」

文治元年九月十七日六條堀河夜討之図

本合戦浮世絵の画題となっているのは、京都の六条堀川(ろくじょう・ほりかわ)にある居館にいた「源義経」(みなもとのよしつね)を、その兄の「源頼朝」(みなもとのよりとも)からの命を受けた家臣「土佐坊昌俊」(とさのぼうしょうしゅん/まさとし)が暗殺しようとした事件です。

この事件は、「堀川(河)夜討」(ほりかわようち)と呼ばれ、人形浄瑠璃や歌舞伎の演目である「義経千本桜」(よしつねせんぼんざくら)などにも、同事件の内容が盛り込まれています。

また、源義経と土佐坊昌俊の他に、本合戦浮世絵で描かれているのは、平安時代末期の僧兵であり、源義経の郎党(ろうとう:主家と血縁関係のない従者)であった「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)。

武蔵坊弁慶は、実在したかどうかが定かではない人物ですが、この堀河夜討のことが記されている「義経記」(ぎけいき)によれば、「牛若丸」(うしわかまる)と称していた幼少の頃の源義経との出会い以降、1189年(文治5年)の「衣川の戦い」(ころもがわのたたかい)で「藤原泰衡」(ふじわらのやすひら)に討たれるまで、その忠臣として行動を共にしたと伝えられています。

本合戦浮世絵の作者は、江戸時代末期を代表する人気浮世絵師「歌川国芳」(うたがわくによし)に師事していた「歌川芳員」(うたがわよしかず)。作画初期の頃は、武者絵や合戦絵などのジャンルも手掛けていましたが、やがて異国の生活様式や風俗に強い興味を抱くようになり、「横浜絵」のパイオニアとして活躍しました。

文治元年九月十七日六條堀河夜討之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳員 浮世絵の題材 堀川夜討

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「文治元年九月十七日六條堀河夜討之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼