合戦浮世絵

うたがわよしとら さく「さんかんせいばつのず」 歌川芳虎 作「三韓征伐之図」

三韓征伐之図

本合戦浮世絵は、14代天皇「神功皇后」(じんぐうこうごう)による「三韓征伐」の伝承を画題のモチーフとした作品です。

「古事記」や「日本書紀」に記載のあるこの伝承では、神功皇后は、古代の朝鮮半島南東部にあった「三韓」のひとつである「新羅」(しらぎ/シルラ)に出兵。その後、新羅を含め、同じく朝鮮半島にあった国家である「百済」(くだら/ペクチェ)、「高句麗」(こうくり/コグリョ)という「三韓」を、日本に服属させたと伝えられています。

しかし、本合戦浮世絵に観られるのは、「加藤清正」の家臣であった「曽根孫六」(そねまごろく)の名前や、加藤清正の家紋に用いられていた「桔梗紋」(ききょうもん)が施された印。

つまり、本合戦浮世絵では、加藤清正の主君「豊臣秀吉」が行なった1592年(天正20年/文禄元年)の「文禄の役」(ぶんろくのえき)、そして1597年(慶長2年)の「慶長の役」(けいちょうのえき)、いわゆる「朝鮮出兵」を三韓征伐に仮託して描いたと推測が可能。

これは、本合戦浮世絵を手掛けた「歌川芳虎」(うたがわよしとら)が、浮世絵師としての活動を始めた江戸時代末期には、「織豊時代」(しょくほうじだい)、すなわち「織田信長」と豊臣秀吉が天下を取っていた時代の出来事や人物などを、浮世絵の題材にすることが江戸幕府に禁じられていたことがその理由です。

師の「歌川国芳」(うたがわくによし)の技量を受け継いだ歌川芳虎は、師と同様に武者絵を得意としていました。本合戦浮世絵においても、緻密でありながら迫力のある構図で合戦の模様を表現し、その本領を存分に発揮しています。

「三韓征伐之図」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳虎 浮世絵の題材 三韓征伐

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「三韓征伐之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼