武将浮世絵

うたがわよしとら さく「とくがわしょうぐんかふ」 歌川芳虎 作「徳川将軍家譜」

徳川将軍家譜

本武者絵の画面いっぱいに描かれているのは、江戸時代を通じて日本を支配していた、徳川将軍15代すべての武将達。「徳川将軍家」(=徳川宗家)の祖である「徳川家康」は、1603年(慶長8年)に、征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)に就任。

武家政権として「江戸幕府」を開いて「幕藩体制」(ばくはんたいせい:江戸幕府を中心に、それぞれに領地を持つ諸藩を地方に置いた封建的な政治体制のこと)を敷き、15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)が1867年(慶応3年)に行なった「大政奉還」(たいせいほうかん:江戸幕府の統治権を、朝廷に返上した出来事)に至るまで、260年余りものあいだ、戦のない太平の世を存続させました。

本武者絵中央の徳川家康の周りを、その子孫である代々の徳川将軍達が取り囲んでおり、各将軍の特徴が詳細に描かれています。

例えば、カメラでの写真撮影を始め、当時としてはモダンな趣味を持っていた徳川慶喜が洋装であったり、幕政のほとんどを老中の「松平定信」(まつだいらさだのぶ)に任せっきりにしていた11代将軍「徳川家斉」(とくがわいえなり)は、半纏(はんてん)を羽織った着流し姿であったりするなど、それぞれの個性をよく捉えて描かれたことが窺えるのです。

本武者絵を手掛けた「歌川芳虎」(うたがわよしとら)は、師の「歌川国芳」(うたがわくによし)のように、武者絵に抜きんでた才能を発揮した浮世絵師。幕末頃から明治時代初期に人気を博し、武者絵以外にも「横浜絵」や「美人画」など、多岐に亘るジャンルで活躍しました。

「徳川将軍家譜」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳虎 浮世絵の題材 徳川家康
徳川十五代将軍 徳川十五代将軍
江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「徳川将軍家譜」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼