合戦浮世絵

うたがわくにひさ さく「みなもとよりともこうふじのすそのまきがりのず」 歌川国久(二代) 作「源頼朝公富士之裾野牧狩之図」

源頼朝公富士之裾野牧狩之図

本武将浮世絵に描かれているのは、1193年(建久4年)に鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」が行なった「富士の牧狩」(巻狩り)です。「牧狩」とは、権力者が催す「狩猟」のこと。

源頼朝は、前年に「後鳥羽天皇」によって「征夷大将軍」に任じられており、この富士の牧狩には、自らが武家政権の最上位であることを誇示する大きな狙いがありました。

史書「吾妻鏡」には、この牧狩の最中に、突然「大きな猪」が源頼朝を目掛けて突進してきたと書かれています。

本武将浮世絵は、源頼朝の家臣「仁田四郎忠常」(にったしろうただつね)が慌てて、その大猪に飛び掛かり、短刀で突き殺して退治した場面。獰猛な猪と猪に飛びついた仁田四郎忠常の表情の表現が豊かで、たいへん見応えがある1枚です。

仁田四郎忠常は、伊豆国仁田郷(現在の静岡県田方郡函南町)の武士。源頼朝には挙兵から従い、厚い信頼を得ていました。この仁田四郎忠常のおかげで、源頼朝は事なきを得て、滞りなく牧狩を行なうことができたのです。

描いたのは、江戸時代末期から明治時代に活躍した「2代目・歌川国久」。3代目・歌川豊国(襲名前の名は歌川国貞)の婿養子となった人物。得意とした武者絵、役者絵は、師の画風を思わせる素晴らしさと絶賛されました。

「源頼朝公富士之裾野牧狩之図」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国久(二代) 浮世絵の題材 富士の牧狩

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「源頼朝公富士之裾野牧狩之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼