武将浮世絵

うたがわよしとら さく「おおつさかもとじょうあけわたしのず」 歌川芳虎 作「大津坂本城明渡之図」

大津坂本城明渡之図

本武将浮世絵は、1582年(天正10年)6月2日に起きた「本能寺の変」で、「明智光秀」軍の先鋒として活躍した「明智秀満」(明智左馬之助)を描いた作品です。

明智秀満は、本能寺を攻めたあとで、安土城織田信長の居城、現在の滋賀県近江八幡市)を守備。

13日の夜「山崎の戦い」で、主君・明智光秀が「豊臣秀吉」軍に敗れ、討死したことを知ると、14日の未明、安土城を捨て坂本城(明智光秀の居城、現在の滋賀県大津市)に向かいました。琵琶湖を渡って何とか坂本城に到着したものの、豊臣秀吉軍で織田信長の側近「堀秀政」に包囲され、もう逃げられないと死を覚悟。

さらに、あることを決意します。それは、主君・明智光秀の家宝である「国行」の刀剣や「吉光」の脇差などの名品が、落城と共に失われないように、すべて堀秀政に譲ることでした。

ただし、明智光秀が秘蔵としていた「郷義弘」の脇差だけは、あの世で明智光秀に渡したいと、明智秀光は自らの腰に差し、譲らなかったと伝えられています。

本武将浮世絵は、その様子を描いた1枚。坂本城の本殿上座に座っているのは、明智秀満です。赤い敷物の上には、鏡や茶釜などの立派な名品が並べられ、それを下座にいる豊臣秀吉軍・堀秀政や「堀尾茂助義治」に披露。史実では、これらの名品に目録を添えて荷造りをし、堀秀政の一族へ送ったとされています。

このあと、明智秀満は明智光秀の妻子、及び自分の妻を刺殺し、お城に火を放って自害。明智秀満の最期は、実に賢明で見事な散り際であったと、後世まで語り継がれているのです。

本武将浮世絵を描いたのは、「歌川芳虎」(うたがわよしとら)。徳川家康を風刺して処罰を受け、師「歌川国芳」に自ら破門を希望したという異色の人。幕末から明治時代にかけて活躍しました。

大津坂本城明渡之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳虎 浮世絵の題材 明智秀満

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「大津坂本城明渡之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼