武将浮世絵

つきおかよしとし さく「びだんむしゃはっけい とがくしのはれあらし」 月岡芳年 作「美談武者八景 戸隠の晴嵐」

美談武者八景 戸隠の晴嵐

本武将浮世絵(武者絵)は、「紅葉伝説」を題材とした作品です。3枚続きの真ん中の画面には、画面左側の鬼を斬るため、今まさに日本刀を抜かんとする平安時代後期の武将「平維茂」(たいらのこれもち)の姿が描かれています。

「紅葉伝説」とは、信濃国(しなののくに:現在の長野県)の「戸隠山」(とがくしやま)に棲息していた鬼を平維茂が成敗したという伝説。

紅葉見物に戸隠山を訪れていた平維茂は、同席した美しい女性達と酒宴を行ないます。酒を飲んだ平維茂がまどろんでいると、夢の中で、その美女の正体は鬼であると知らされました。目を覚ました平維茂が鬼を一刀両断すると、それまでの晴天が一変。空が暗くなり、嵐になったのです。

本武将浮世絵(武者絵)の作者は「月岡芳年」(つきおかよしとし)。江戸時代末期から明治時代前期にかけて活動していた浮世絵師です。当代を代表する浮世絵師として、33年間に亘る活動期間中、約1万もの作品を世に送り出したと言われています。

美談武者八景 戸隠の晴嵐の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 平維茂

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「美談武者八景 戸隠の晴嵐」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼