合戦浮世絵

つきおかよしとし さく「おけはざまだいかっせんのず」 月岡芳年 作「桶狭間大合戦之図」

桶狭間大合戦之図

前田利家」(まえだとしいえ)は、「織田信長」の寵愛を受けていた同朋衆(どうぼうしゅう:将軍や大名の側近で、芸能や雑務を務めた者)の「捨阿弥」(じゅうあみ)と諍い(いさかい)を起こして斬殺。そのまま出奔(しゅっぽん:逃げ出して姿をくらますこと)しました。

その結果、出仕停止処分が下され、浪人となります。しかし、1560年(永禄3年)の「桶狭間の戦い」では、出仕停止を受けていたにもかかわらず、織田信長に無断で参戦。朝の合戦で敵の首ひとつ、本戦で2つの計3つの首級を挙げる武功を立てました。

本合戦浮世絵は、「月岡芳年」(つきおかよしとし)が1864年(元治元年)に手掛けた作品で、敵の首を取った前田利家の姿が臨場感あふれる筆致で描かれています。月岡芳年は、合戦図や武者絵、美人画の他、独特の無残絵で名を残しました。

桶狭間大合戦之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 桶狭間の戦い

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「桶狭間大合戦之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼