武将浮世絵

まんじろうほくが さく「ちんせつゆみはりづきかんちゅうりゃくず やまお<おおかみのななり>あるじのためにちょうだをかんでさんちゅうにからだをやむ」 卍楼北鵞 作「椿説弓張月巻中略図 山雄<狼ノ名也>主のために蟒蛇を噛で山中に躯を止む」

椿説弓張月巻中略図 山雄<狼ノ名也>主のために蟒蛇を噛で山中に躯を止む

本武将浮世絵(武者絵)は、江戸時代後期の戯作者「曲亭馬琴」(きょくていばきん)が書いた伝奇物語「椿説弓張月」(ちんせつゆみはりづき)の一場面を描いた絵図。

弓の名手「源為朝」(みなもとのためとも)が狩りのために、従者「須藤重季」(すとうしげすえ)と、「山雄」(やまお)と名付けた狼を引き連れて山中に入り、疲れて眠ってしまったときのこと。突然山雄が咆哮して、源為朝に飛び掛ろうとしたため、これに驚いた須藤重季は山雄の首を切り落としてしまいます。

しかし、首だけとなった山雄は、木の上にいた大蛇に食いつき、大蛇もろとも地面へと落下しました。山雄は、2人に危険を知らせるために吼えたのです。それに気付いた源為朝たちは、山雄の忠節に感心して涙を流しました。

本武将浮世絵の作者は、江戸時代に活躍した浮世絵師「卍楼北鵞」(まんじろうほくが)。江戸時代を代表する浮世絵師「葛飾北斎」の門人、または「抱亭五清」(ほうていごせい)の門人であったと言われており、錦絵や肉筆画などの作品が残っています。

「椿説弓張月巻中略図 山雄<狼ノ名也>主のために蟒蛇を噛で山中に躯を止む」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 卍楼北鵞 浮世絵の題材 源為朝

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「椿説弓張月巻中略図 山雄<狼ノ名也>主のために蟒蛇を噛で山中に躯を止む」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼