合戦浮世絵

うたがわとよくに さく「ほりかわようちのず」 歌川豊国 作「堀川夜討の図」

堀川夜討の図

本合戦浮世絵は、1185年(文治元年)に京の六条堀川で「源頼朝」の命を受けた「土佐坊昌俊」(とさのぼうしょうしゅん)が、「源義経」に夜討ちをかける場面を描いた絵図。

「堀川夜討」と題されるこの出来事は、軍記物語「義経記」(ぎけいき)に掲載される戦いです。画面左側では、源義経の郎党(ろうどう:家臣)「武蔵坊弁慶」が土佐坊昌俊を取り押さえている姿が描かれ、周囲には「熊井忠基」(くまいただもと)や「伊勢義盛」(いせよしもり)といった郎党、及び源義経の妾「静御前」が、緊張した面持ちで2人の取っ組み合いを眺める様子が描写されています。

本合戦浮世絵の作者は「歌川豊国」。本作は、何代目の豊国かは描かれていませんが、初代の歌川豊国は「歌川派中興の祖」と言われる浮世絵師です。「猫背に猪首(いくび:太くて短い首)、低身長」という特徴的な人物描写は、幕末期における人物画の表現基準になるなど、浮世絵界に大きな影響を与えました。

堀川夜討の図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊国 浮世絵の題材 堀川夜討

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「堀川夜討の図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼