武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい さがみじろうたいらのまさかど」 月岡芳年 作「芳年武者无類 相模次郎平将門」

芳年武者无類 相模次郎平将門

本武将浮世絵(武者絵)において最初に目を引くのは、「平将門」(たいらのまさかど)と彼が跨る馬の描写が醸し出す、溢れる躍動感と見事な迫力。平将門が手に持つを起点として、こちらに尻を向けて転げる武士に至るまで、1本の縦線で繋がっているかのようにも思える大胆な構図が用いられています。

平安時代中期に、関東の豪族であり武士でもあった平将門。やがて関東諸国を巻き添えにする平氏一族との抗争など、戦いに明け暮れていましたが、そのたびに武功を挙げ、大いなる活躍を見せていました。

また、50代天皇「桓武天皇」(かんむてんのう)の血を引いていた平将門は、939年(天慶2年)に勃発した「平将門の乱」の際に、朝廷の61代天皇「朱雀天皇」(すざくてんのう)に対抗して自身を「新皇」(しんのう)と称し、関東を支配下に置く宣言をしています。

本武将浮世絵(武者絵)では、そんな平将門の暴れぶりを遺憾なく表現。平将門にとって最後の戦いとなった同合戦を題材にしたと推測され、晩年期にあっても、彼の獰猛さが衰えていなかったことが窺える作品です。

芳年武者无類 相模次郎平将門

「芳年武者无類 相模次郎平将門」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 平将門

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「芳年武者无類 相模次郎平将門」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼