武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい そがごろうときむね・ごどころごろうまる」 月岡芳年 作「芳年武者无類 曽我五郎時宗・五所五郎丸」

芳年武者无類 曽我五郎時宗・五所五郎丸

本武将浮世絵(武者絵)の主題となっているのは、1193年(建久4年)に起きた、「曽我兄弟の仇討ち」(そがきょうだいのあだうち)として知られる事件。

この事件は、時の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)が、大勢の御家人達を富士山の裾野に集めて狩猟を行なった「富士の巻狩り」の際に勃発。伊豆国(いずのくに:現在の静岡県伊豆半島、及び東京都伊豆諸島)の武士であった兄の「曽我十郎祐成」(そがじゅうろうすけなり)と、弟「曽我五郎時致(時宗)」(そがごろうときむね)が、実父「河津祐泰」(かわづすけやす)を殺害した同族であり、源頼朝の御家人でもあった「工藤祐経」(くどうすけつね)を襲撃したのです。

兄弟で父の仇を討ち果たした同事件は、「赤穂浪士(あこうろうし)の討入り」、「伊賀越え(いがごえ)の仇討ち」と共に「日本三大仇討ち」のひとつに数えられ、「曽我物」(そがもの)として、歌舞伎や人形浄瑠璃などにおける演目の題材となり、民衆から高い人気を博しました。

本武将浮世絵(武者絵)で描写されているのは、仇討ちを成功させたあとの曽我五郎時致が、源頼朝の寝間に向かおうとしている場面。控えていた小舎人(こどねり:鎌倉幕府の政治機関である侍所にて、雑用などを担っていた者)の「五所(御所)五郎丸」(ごしょごろうまる)が、曽我五郎時致の背後から腰をがっちりと掴み、その行く手を遮ろうとしています。

そのあと、曽我五郎時致は捕えられて処刑され、20歳の若さでその生涯を終えたのです。 本武将浮世絵(武者絵)を手掛けた「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、「血まみれ芳年」の異名を取るほどに、「無惨絵」の名人としてその名を馳せていた浮世絵師。

本武将浮世絵(武者絵)では、無惨絵に観られる残忍な表現は用いられておらず、御所五郎丸の涼しげながらも強い意志が表れている目や、曽我五郎時致の腰回りにしっかりと組まれた手などから、静かな迫力が感じられる作品です。

芳年武者无類 曽我五郎時宗・五所五郎丸

「芳年武者无類 曽我五郎時宗・五所五郎丸」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 曽我時致

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「芳年武者无類 曽我五郎時宗・五所五郎丸」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼