武将浮世絵

つきおかよしとし さく「つきひゃくし げっかのせっこう さいとうとしぞう」 月岡芳年 作「月百姿 月下の斥候 斎藤利三」

月百姿 月下の斥候 斎藤利三

本武将浮世絵(武者絵)のタイトルにある「斥候」(せっこう)とは、戦いの際に、敵情や戦場の地形などを密かに探ること。あるいは、そのために部隊から差し向けられる兵士のことを指します。

本武将浮世絵(武者絵)で斥候として描かれているのは、「明智光秀」に仕え、その右腕のひとりとして武功を挙げていた武将「斎藤利三」(さいとうとしみつ)。

本武将浮世絵(武者絵)は、1582年(天正10年)、明智光秀が主君「織田信長」に謀反を起こした「本能寺の変」のあと、「豊臣秀吉」との覇権争いを繰り広げた「山崎の戦い」が舞台。

同合戦を目前に控え、敵地を偵察するために、斎藤利三が円明寺川(えんみょうじがわ:現在の小泉川[京都府長岡京市])を馬に乗って渡ろうとしている場面です。斎藤利三は、同合戦において、先鋒として健闘しましたが、最終的には敗走しています。

本武将浮世絵(武者絵)の作者「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、幕末から明治時代初期の浮世絵師。いわゆる「無惨絵」で人気を博し、現代では、無惨絵の名手としてはもちろん、近代浮世絵の巨頭と評されています。本武将浮世絵(武者絵)を含む100枚の揃物(そろいもの:シリーズ化して出版された浮世絵)である「月百姿」(つきひゃくし)は、月に関連する故事や物語などをテーマとしており、月岡芳年晩年の最高傑作とも言われる作品。

本武将浮世絵(武者絵)は、月岡芳年らしい大胆な構図が用いられており、静寂の中にある緊張感が伝わる1枚です。

月百姿 月下の斥候 斎藤利三

月百姿 月下の斥候 斎藤利三の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 斎藤利三

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「月百姿 月下の斥候 斎藤利三」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼