武将浮世絵

つきおかよしとし さく「だいにほんめいしょうかん べんけい うしわかまる」 月岡芳年 作「大日本名将鑑 弁慶 牛若丸」

大日本名将鑑 弁慶 牛若丸

本武将浮世絵(武者絵)は、弁慶こと「武蔵坊弁慶」と牛若丸こと「源義経」の出会いを描いた1枚です。

武蔵坊弁慶は、生まれつきの乱暴者で、1,000本の太刀を奪う悲願を立てていました。一方、源義経は、生まれつきの美男子で、自らの因縁(実母・常盤御前が平清盛の愛人になったことで自分が延命できたこと)を知り、僧になるのをやめて、平家を倒すために武士になる決意をした頃でした。

本武将浮世絵(武者絵)は、武蔵坊弁慶が栄えある1,000本目の太刀を得るために、京の五条大橋で、源義経に出会い頭、決闘を挑んだ場面。

源義経は威嚇のため、被っていた白い狩衣を脱ぎ投げ付けたところ、武蔵坊弁慶が不意に自慢の薙刀で振り払ってしまったという、滑稽な構図が印象的です。兵法書を熟読していた源義経は、奇襲攻撃などの戦略を得意とし、圧倒的な強さで武蔵坊弁慶に勝利。これ以降、武蔵坊弁慶は、源義経の家来になったと言われています。

このあと、史実では兄「源頼朝」と共に平家を滅亡させたものの、兄・源頼朝から朝敵と見なされ、最期は「藤原泰衡」に追い詰められて、平泉の持仏堂で切腹します。しかし、本武将浮世絵(武者絵)の左上にある解説文には、「密かに高館を出て蝦夷に渡り、其の国の王と為ると云う」と書かれています。

ドイツ人医師「シーボルト」は、1832年(天保3年)~1851年(嘉永4年)にかけて刊行した著書「Nippon」で、「源義経は大陸に渡って、成吉思汗(チンギスハン)になった」と記載しています。本武将浮世絵(武者絵)が書かれた1877年(明治10年)当時にも、いまだに解明されていない、源義経伝説が囁かれていたことが分かるのです。

大日本名将鑑 弁慶 牛若丸

大日本名将鑑 弁慶 牛若丸の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 武蔵坊弁慶

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「大日本名将鑑 弁慶 牛若丸」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼