武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい げんさんいよりまさ」 月岡芳年 作「芳年武者无類 源三位頼政」

芳年武者无類 源三位頼政

草原に坐し、一句したためている老兵士は、平安時代末期の武将「源頼政」(みなもとのよりまさ)です。本武将浮世絵(武者絵)は、源頼政が今まさに自害しようとしている場面を描いています。

平家が思うままに権力を振るっていた時代。源頼政は、「後白河法皇」(ごしらかわほうおう)の皇子「以仁王」(もちひとおう)と共に平家打倒を掲げ挙兵しました。しかし、この反乱は失敗に終わり、源頼政は敵軍に追い詰められます。本図右奥で高々と翻るのは平家のです。覚悟を決めた源頼政は、まとっていた甲冑(鎧兜)を脱ぎ置いて辞世の句を詠み、自害して果てました。

その辞世の句とは、「埋木の 花咲くことも なかりしに 身のなる果てぞ 悲しかりける」。

意味は「埋もれ木の花が咲くことがないように、自分の生涯も不本意に終えなければならないのは悲しいことだ」となります。

本武将浮世絵(武者絵)の制作者「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、幕末から明治時代初期に活躍した浮世絵師です。武将達の印象的な姿を見事に描写した「芳年武者无類」(よしとしむしゃぶるい)のシリーズを、大判32枚揃で残しています。

芳年武者无類 源三位頼政

芳年武者无類 源三位頼政の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 源頼政

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「芳年武者无類 源三位頼政」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼