武将浮世絵

つきおかよしとし さく「よしとしむしゃぶるい しのづかいがのかみさだつな」 月岡芳年 作「芳年武者无類 篠塚伊賀守貞綱」

芳年武者无類 篠塚伊賀守貞綱

巨大な木材を抱え、踏ん張っているのは、南北朝時代に剛力無双で知られた武将「篠塚重広」(しのづかしげひろ)です。本武将浮世絵(武者絵)では、「篠塚伊賀守貞綱」(しのづかいがのかみさだつな)と表記されています。

「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)の忠臣「新田義貞」(にったよしさだ)に仕える篠塚重広は、敵軍の北朝方が立てこもる近江(現在の滋賀県)の「三井寺」攻略に参戦。

堅牢な石垣と深い堀に守られた三井寺を南朝方が攻めあぐねていたとき、篠塚重広が寺の外にあった卒塔婆(そとば)を持ち上げ、それを堀に渡して橋とし、攻め込んだと言われています。

本武将浮世絵(武者絵)は、幕末から明治時代初期に活躍した浮世絵師「月岡芳年」(つきおかよしとし)が手がけた大判32枚揃のシリーズ「芳年武者无類」(よしとしむしゃぶるい)の1作です。臨場感あふれる斬新な構図に、月岡芳年の類まれな才能が窺えます。

芳年武者无類 篠塚伊賀守貞綱

「芳年武者无類 篠塚伊賀守貞綱」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 篠塚重広
巨大な木材を抱え、踏ん張っているのは、南北朝時代に剛力無双で知られた武将「篠塚重広」(しのづかしげひろ)です。芳年武者无類 篠塚伊賀守貞綱では、「篠塚伊賀守貞綱」(しのづかいがのかみさだつな)と表記されています。作者は幕末から明治時代初期に活躍した浮世絵師「月岡芳年」(つきおかよしとし)です。

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「芳年武者无類 篠塚伊賀守貞綱」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼