合戦浮世絵

うたがわとよのぶ さく「くりからだにだいかっせんず」 歌川豊宣 作「俱利伽羅谷大合戦図」

俱利伽羅谷大合戦図

本合戦浮世絵は、平安時代末期の「倶利伽羅峠の戦い」(くりからとうげのたたかい)を描いた作品です。

「以仁王」(もちひとおう)による平家打倒の宣旨を受けた源氏勢は、日本各地で立ち上がります。そんな中、信濃(現在の長野県)を拠点としていた「木曽義仲」(源義仲)は、愛妾「巴御前」らと共に、北陸で「平維盛」(たいらのこれもり)率いる平家軍と激突。越中(現在の富山県)と加賀(現在の石川県)の国境にある倶利伽羅峠で、平家軍を壊滅状態に追い込みました。

本合戦浮世絵は、3枚続で構成されており、真ん中の画面には馬上で「薙刀」を振るう巴御前、右側の画面には、これに応戦する「武蔵三郎」(むさしさぶろう)が描かれ、左側画面の中央には、軍を率いた木曽義仲(源義仲)を配置しています。

この戦いにおいて、武蔵三郎は木曽義仲軍の追撃を6度に亘って跳ね返すなど、奮闘しましたが、最後は、木曽義仲軍における屈指の武将でもあった巴御前によって討ち取られたのです。

本合戦浮世絵の作者は「歌川豊宣」(うたがわとよのぶ)。江戸時代末期から明治時代半ばにかけて活動していた浮世絵師で、役者絵や武者絵で数多くの作品を残しています。

俱利伽羅谷大合戦図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 倶利伽羅峠の戦い

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「俱利伽羅谷大合戦図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼