武将浮世絵

うたがわよしとら さく「とうしょうぐうじゅうろくぜんしんのしょうぞうれんざのず」 歌川芳虎 作「東照宮十六善神之肖像連座の図」

東照宮十六善神之肖像連座の図

本武将浮世絵武者絵)には、「徳川家康」と彼を支えて江戸幕府の開府に特に功績を残した16人の武将が描かれています。3枚つづりの真ん中に徳川家康が描かれ、それを囲むように16人の武将が連座。

内訳は、「酒井忠次」(さかいただつぐ)、「本多忠勝」(ほんだただかつ)、「榊原康政」(さかきばらやすまさ)、「井伊直政」(いいなおまさ)の「徳川四天王」に加えて「米津常春」(よねづつねはる)、「高木清秀」(たかぎきよひで)、「内藤正成」(ないとうまさなり)、「大久保忠世」(おおくぼただよ)、「大久保忠佐」(おおくぼただすけ)、「蜂屋貞次」(はちやさだつぐ)、「鳥居元忠」(とりいもとただ)、「鳥居忠広」(とりいただひろ)、「渡辺守綱」(わたなべもりつな)、「平岩親吉」(ひらいわちかよし)、「服部正成」(はっとりまさなり)、「松平康忠」(まつだいらやすただ)。赤地に黒文字で名前が記されているのが大名で、黄地に黒文字で名前が記されているのは旗本格の武将です。

題名にある「十六善神」(じゅうろくぜんしん)とは、「四天王」と「十二神将」(じゅうにしんしょう)を合わせた「護法善神」(ごほうぜんじん:仏教や仏教徒を守護する神様)を意味する仏教用語。

本武将浮世絵(武者絵)は、中央の「釈迦如来」(しゃかにょらい)を取り囲むように十六善神が配置される一般的な「十六善神図」を模倣して描かれた作品であると考えられ、中央の「大権現」(だいごんげん:仏や菩薩が仮の姿で現れることを指す権現の尊称)徳川家康を取り囲むように、徳川四天王と12人の三河時代からの武将が配されました。

徳川家康と共に幕藩体制の創成期を支えた「徳川十六神将」(とくがわじゅうろくしんしょう)が描かれている本武将浮世絵(武者絵)からは、徳川家康と武将達の強い結束を感じ取ることができます。

作者は、江戸時代末期から明治時代中期にかけて活動していた「歌川芳虎」(うたがわよしとら)です。

東照宮十六善神之肖像連座の図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳虎 浮世絵の題材 徳川十六神将

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「東照宮十六善神之肖像連座の図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼