武将浮世絵

うたがわくによし さく「ほんちょうむしゃかがみ よごしょうぐんたいらのこれもち」 歌川国芳 作「本朝武者鏡 余吾将軍平惟茂」

本朝武者鏡 余吾将軍平惟茂

本武将浮世絵(武者絵)は、「紅葉伝説」という伝説をテーマに描かれています。主人公「平惟茂」(たいらのこれもち)が、鬼女「紅葉」(もみじ)と戦っている場面。醜く恐ろしい鬼女の顔に反して、夜空に舞い散る紅葉の葉色が映え、平惟茂の衣装も美しい1枚です。

平惟茂は、平安時代中期の武将。939年(天慶2年)「平将門の乱」にて「平将門」を討った「平貞盛」の養子。15番目の養子だったことから「余吾の君」と呼ばれ、のちに鎮守府将軍となり「余吾将軍」と呼ばれました。

「今昔物語」(平安時代末期の説話集)でも、豪族・藤原氏との合戦場面が記されるなど、武勇にたいへん優れた人物。そこで平惟茂は、冷泉天皇の勅命を受けて、鬼女が出るという信濃国(現在の長野県)戸隠村に、退治しに行くのです。

平惟茂が手にしているのは、八幡大菩薩より授かったという破邪の刀剣・日本刀。平家重代の太刀小烏丸」であるとする説もあります。平惟茂は、この刀剣・日本刀で鬼女を斬り、無事に退治。のちにこの話が伝わり、明治時代には「紅葉狩り」という名前で「能」や「歌舞伎」が演じられ、人気を博しました。

本武将浮世絵(武者絵)を描いたのは、「武者絵の国芳」と呼ばれた「歌川国芳」(うたがわくによし)です。1855年(安政2年)に描かれた「本朝武者鏡」シリーズの中の1枚で、現在12作品が確認されました。実は弟子の「歌川芳艶」(うたがわよしつや)も、1856年(安政3年)に同じく本朝武者鏡という題でシリーズを描いています。

本朝武者鏡 余吾将軍平惟茂

本朝武者鏡 余吾将軍平惟茂の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 平惟茂

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「本朝武者鏡 余吾将軍平惟茂」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼