武将浮世絵

つきおかよしとし さく「つきひゃくし おもいきや
くもいのあきのそらならて ひでつぐ」
月岡芳年 作「月百姿 おもひきや
雲ゐの秋のそらならて 秀次」

月百姿 おもひきや 雲ゐの秋のそらならて 秀次

本武将浮世絵の中央にて、白い裃(かみしも)を身に付けて俯いた姿で座っている人物は、「豊臣秀吉」の跡を継ぎ、豊臣氏2代関白となった武将「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)。

豊臣秀次は、1585年(天正13年)の「紀州征伐」や「四国平定」、1590年(天正18年)の「小田原征伐」など、数々の合戦で武功を挙げたことにより、近江国(現在の滋賀県)や尾張国(現在の愛知県西部)、伊勢国(現在の三重県北中部)を合わせて、100万石を領する大名となりました。

そして1591年(天正19年)、豊臣秀次は、嫡男のいない豊臣秀吉の養嗣子となって関白の座に就きましたが、1593年(文禄2年)に「豊臣秀頼」(とよとみひでより)が生まれたことによって、豊臣秀吉から忌み嫌われるようになってしまったのです。

本武将浮世絵の詞書(ことばがき:絵巻物などに添えられる説明文)である「おもひきや」から始まる句は、「宮中からではなく、蔦(つた)の絡まる窓辺から満月を眺めることになるとは」という、豊臣秀次の悔いた気持ちが表れた一句。本武将浮世絵では、豊臣秀吉によって、高野山(現在の高野山金剛峯寺)へと追放された豊臣秀頼の姿が描かれていると推測できます。

本武将浮世絵は、幕末から明治時代前期にかけて活躍した浮世絵師、「月岡芳年」(つきおかよしとし)による連作「月百姿」(つきひゃくし)に含まれる作品。竹格子越しに見える月からは、目を伏せた豊臣秀次の表情も相まって、美しくもどこか物悲しい印象を受けます。

月百姿 おもひきや 雲ゐの秋のそらならて 秀次

「月百姿 おもひきや 雲ゐの秋のそらならて 秀次」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 豊臣秀次

関連浮世絵のご紹介

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「月百姿 おもひきや 雲ゐの秋のそらならて 秀次」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド浮世絵」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、刀剣・日本刀の歴史や雑学、刀剣・日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣・日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼