武将浮世絵

みずのとしかた さく「きょうどうりっしのもとい たかすぎしんさく」 水野年方 作「教導立志基 高杉晋作」

教導立志基 高杉晋作

本武将浮世絵に描かれているのは、江戸時代後期の長州藩(現在の山口県)の藩士であった「高杉晋作」の旅姿。高杉晋作は、天皇を尊び、外敵を退けるという思想である「尊皇攘夷」(そんのうじょうい)派の志士として、幕末に活躍しました。

1864年(元治元年)、長州藩の藩士達が京都へ進軍し、御所周辺で会津藩(現在の福島県)や薩摩藩(現在の鹿児島県)などの藩兵達から成る、江戸幕府軍と衝突した「禁門の変」で敗退。

その後、長州藩の保守派であり、藩政の主導権を握った「椋梨藤太」(むくなしとうた)派が、尊皇攘夷派であった「周布政之助」(すふまさのすけ)派の藩士達を次々と処罰していきます。これを恐れた高杉晋作は、長州から脱走して筑前国(現在の福岡県西部)へ亡命。

本武将浮世絵では、このときの高杉晋作が「平尾山荘」(現在の福岡市中央区)を訪れ、「野村望東尼」(のむらぼうとうに)のもとに匿ってもらおうとしている場面を描いています。

本武将浮世絵を手掛けた「水野年方」(みずのとしかた)は、14歳で「月岡芳年」(つきおかよしとし)に師事した明治時代の浮世絵師。「やまと新聞」などの新聞の挿絵でその名を上げ、月岡芳年以降の浮世絵に、新風を吹き込みました。

本武将浮世絵は、1883~1889年(明治16~22年)にかけて発刊された、歴史的教訓絵シリーズ「教導立志基」(きょうどうりっしのもとい)に含まれる作品。 同シリーズでは水野年方以外も、その師である月岡芳年や「小林清親」(こばやしきよちか)、「井上探景」(いのうえたんけい)など、明治時代を代表する浮世絵師達が、制作者としてその名を連ねています。

教導立志基 高杉晋作

教導立志基 高杉晋作の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 水野年方 浮世絵の題材 高杉晋作

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「教導立志基 高杉晋作」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼