武将浮世絵

おちあいよしいく さく「たいへいきえいゆうでん たけなかはんべえしげはる」 落合芳幾 作「太平記英勇伝 竹中半兵衛重治」

太平記英勇伝 竹中半兵衛重治

落合芳幾 作「太平記英勇伝 竹中半兵衛重治」は、「豊臣秀吉」に仕えた武将「竹中半兵衛」(たけなかはんべえ)を題材にした作品です。竹中半兵衛は、「黒田官兵衛」と共に豊臣秀吉配下の名軍師として名を馳せました。

「太平記英勇伝」と題された本武将浮世絵ですが、その内容は「太閤記」。すなわち、豊臣秀吉を主人公とする物語でした。江戸時代においては、幕府によって「織田信長」や豊臣秀吉以降の武将を描くことは禁止されており、それに触れないように南北朝時代の軍記物である「太平記」と読み替えたのです。

このように、時代を遡らせて過去の出来事などに仮託する手法は「時代物」と呼ばれ、江戸時代の浮世絵をはじめ、歌舞伎や人形浄瑠璃などの演劇における常套手段でした。

本武将浮世絵の作者「落合芳幾」(おちあいよしいく)は、江戸時代末期から明治時代にかけて活動していた浮世絵師。師匠の「歌川国芳」(うたがわくによし)も同趣旨の浮世絵を描いています。

両者の違いは①中判100枚の作品(落合芳幾)か大判50枚の作品(歌川国芳)か、②幕末まで存続していた大名家を除いて実名で描いた作品(落合芳幾)か、すべてを仮名で描いた作品(歌川国芳)かという点です。本武将浮世絵についても、それは該当します。実名で描いた落合芳幾に対し、歌川国芳は「建中官兵衛重治」(たてなかかんべえしげはる)という仮名で描きました。

太平記英勇伝 竹中半兵衛重治

太平記英勇伝 竹中半兵衛重治の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 落合芳幾 浮世絵の題材 竹中半兵衛

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「太平記英勇伝 竹中半兵衛重治」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼