武将浮世絵

うたがわとよのぶ さく「しんせんたいこうき このひとにしてこのやまいあり」 歌川豊宣 作「新撰太閤記 此の人にして此病あり」

新撰太閤記 此の人にして此病あり

本武将浮世絵の右側に描かれているのは、戦国時代の天下人としてその名を馳せた「織田信長」。その手に持った扇子で今にも叩かれそうに伏せているのは、織田信長に仕えていた「明智光秀」です。

織田信長は、1582年(天正10年)の「甲州征伐」において「武田家」を滅亡させ、武田方の残党が逃げ込んだ「恵林寺」(えりんじ:現在の山梨県甲州市)を包囲。その中で匿われていた「六角義定」(ろっかくよしさだ:別名「佐々木次郎」)を引渡すように要求しましたが、これは拒否されてしまいます。そのため、恵林寺の「快川紹喜」(かいせんじょうき)を始めとする100名余りの僧を封じ込めたまま、同寺を焼き払ってしまったのです。

本武将浮世絵では、このことを明智光秀に諫められ、怒り心頭に達した織田信長が、今まさに明智光秀を打とうとする場面が表現されています。

本武将浮世絵を手掛けた「歌川豊宣」(うたがわとよのぶ)は、武者絵のみならず、美人画や俳優の似顔絵など、多岐のジャンルに亘って活躍した明治時代浮世絵師。本武将浮世絵の詞書(ことばがき:絵などに添えられる説明文)には「此の人にして此病あり」と記されており、大胆な構図により、織田信長の獰猛さが大いに表わされている作品です。

新撰太閤記 此の人にして此病ありの浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 織田信長

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「新撰太閤記 此の人にして此病あり」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼