武将浮世絵

うたがわくにつな さく「くらまやまぶじゅつのず」 歌川国綱 作「鞍馬山武術之図」

鞍馬山武術之図

本武将浮世絵は、「牛若丸」(のちの「源義経」)が、鞍馬山にある「鞍馬寺」(くらまでら)で、天狗から武術を習っていたという、伝承をもとに描かれた作品。

本武将浮世絵の、右手に見える朱色の僧服を着た人物が、牛若丸に武術や剣術を教えたとされる、鞍馬寺の本尊のひとり「鞍馬山僧正坊」(くらまやまそうしょうぼう:別名を鞍馬天狗)です。鞍馬山僧正坊の配下の小天狗達が、牛若丸を囲って稽古を付けている場面が描かれています。

牛若丸は、父「源義朝」(みなもとのよしとも)の9男として生まれましたが、源義朝が「平治の乱」で「平清盛」軍に敗れ、命を取らない代わりに鞍馬寺に預けられていました。

牛若丸は、元服して源義経と名乗るようになると、父・源義朝の仇を取るため兄「源頼朝」(みなもとのよりとも)と協力し、平家打倒を目指します。源義経は武勇に優れていましたが、戦上手な人物でもあり、「一ノ谷の戦い」、「屋島の戦い」、「壇ノ浦の戦い」で、源氏を勝利に導きました。

本武将浮世絵を描いた「歌川国綱」(うたがわくにつな)は、江戸時代浮世絵師です。詳細な生没年は不明とされていますが、「合巻」(ごうかん:挿絵入りの読み物)の挿絵を多数手掛けており、主な作品には「御贄美少年始」(おとしだまびしょうねんし)、「花摘籠五十三駅」(はながたみごじゅうさんつぎ)などがあります。

鞍馬山武術之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国綱 浮世絵の題材 源義経

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「鞍馬山武術之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼