武将浮世絵

ようしゅうちかのぶ さく「げんぺいせいすいき じゅういち ほりかわようち」 楊洲周延 作「源平盛衰記 十一 堀川夜討」

源平盛衰記 十一 堀川夜討

本武者浮世絵の題材は、「義経記」に登場し、江戸時代、浄瑠璃にもなった「堀川夜討」の一場面。

堀川夜討とは、「壇ノ浦の戦い」で、平家追討の功により、朝廷から官位を賜った「源義経」が、兄「源頼朝」の怒りを買い、源頼朝の家臣である「土佐坊昌俊」(とさのぼうしょうしゅん)によって、京都の六条堀川にある屋敷を襲撃された事件のことです。

本絵図は、土佐坊昌俊に夜討をされていることに気が付いた静御前が、眠っている源義経を起こし、戦支度を手ずから手伝っている場面。後ろでを射ているのは、「喜三太」(きさんた)という源義経の下男で、その他の家臣達が駆け付けるまでの間、土佐坊昌俊らを足止めしたと伝わっています。

その後、「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)をはじめとする家臣らが騒ぎを聞き付け、土佐坊昌俊率いる一軍は撃退されました。

本武者浮世絵の作者は、「楊洲周延」(ようしゅうちかのぶ)で、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した浮世絵師。美人画や開化絵などで人気を博しました。右下の署名には楊洲周延とありますが、枠外には、本名である「橋本直義」と書かれています。

源平盛衰記 十一 堀川夜討

源平盛衰記 十一 堀川夜討の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 源義経

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「源平盛衰記 十一 堀川夜討」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼