武将浮世絵

うたがわさだひで さく「たいへいきあまがさきがっせん
かとうきよまさゆうもうしほうてさしばくみうち」
歌川貞秀 作「太平記尼ヶ崎合戦
加藤清正勇猛四方手左司馬組討」

太平記尼ヶ崎合戦 加藤清正勇猛四方手左司馬組討

本武将浮世絵は、「豊臣秀吉」の家臣「加藤清正」(かとうきよまさ)が、敵軍である「明智光秀」配下の「四王天政孝」(しおうてんまさたか)を捕らえて、地面に組み伏せて縄で縛り上げようとしている場面が描かれています。

眼前いっぱいに武将2人の格闘が繰り広げられ、大胆な構図が特徴です。武将達が着用している甲冑(鎧兜)は、赤、青、黄色が効果的に配置され、歌舞伎の華やかな一幕を観ている気になります。

加藤清正は、「本能寺の変」の危急を耳にし京都へ駆け付ける途中の豊臣秀吉を、待ち伏せて討とうとする四王天政孝から救います。尼ヶ崎(現在の兵庫県尼崎市)での危機を逃れた豊臣秀吉は、「山崎の戦い」で明智光秀を討ち「織田信長」のかたき討ちを果たしました。その後、織田信長が進めていた天下統一の覇業を受け継いだ豊臣秀吉は、天下人となります。

本武将浮世絵を描いた「歌川貞秀」(うたがわさだひで)は、幕末から明治初期にかけて活躍し、異国情緒あふれる横浜の風景や人物を描写した「横浜絵」と呼ばれる浮世絵を得意としました。歌川貞秀が手がけた横浜絵は、鮮やかな明るい配色が特徴で、本武将浮世絵のような合戦絵にも明快な色彩が活かされています。

太平記尼ヶ崎合戦 加藤清正勇猛四方手左司馬組討の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川貞秀 浮世絵の題材 加藤清正

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「太平記尼ヶ崎合戦 加藤清正勇猛四方手左司馬組討」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼