合戦浮世絵

つきおかよしとし さく「しょこくむしゃはっけい そうしゅうはこね」 月岡芳年 作「諸国武者八景 相州箱根」

諸国武者八景 相州箱根

1868年(明治元年/慶応4年)1月の「鳥羽・伏見の戦い」を皮切りに始まる「戊辰戦争」では、相州箱根(現在の神奈川県足柄下郡箱根町)も戦場となりました。本合戦浮世絵に描かれているのは、この「戊辰箱根戦争」の様子です。

徳川幕府最後の将軍である「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)のもとで組織された「遊撃隊」は、小田原藩に対して新政府軍への抗戦を呼びかけます。

しかし、先に新政府軍から遊撃隊を討ち取るよう命令されていた小田原藩は、どちらの味方に付くか藩内でも意見が割れており、あいまいな返答をするばかりでした。

業を煮やした遊撃隊は、箱根の関所を占拠し、「小田原城」(神奈川県小田原市)へ入城します。この知らせを聞いた新政府軍は怒り、遊撃隊と敵対することになった小田原藩に加勢。遊撃隊は箱根からの撤退を余儀なくされるのです。

本合戦浮世絵は、「諸国武者八景」(しょこくむしゃはっけい)シリーズの1作として、「月岡芳年」(つきおかよしとし)が手掛けました。月岡芳年は、幕末から明治時代前期に活躍。合戦絵や歴史絵、美人画、風俗画など多彩な分野の浮世絵で独自の才能を発揮しています。

諸国武者八景 相州箱根

諸国武者八景 相州箱根の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 戊辰戦争

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「諸国武者八景 相州箱根」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼