武将浮世絵

つきおかよしとし さく「だいにほんめいしょうかん うだいしょうみなもとのよりとも」 月岡芳年 作「大日本名将鑑 右大将源頼朝」

大日本名将鑑 右大将源頼朝

本武将浮世絵は、「源頼朝」が由比ヶ浜で行なった1,000羽の鶴を放つ「放生会」(ほうじょうえ)の様子を描いた絵図。

放生会は、宗教儀式のひとつです。捕獲した動物をむやみに傷付けずに自然へ帰すことで、病を退けて寿命を延ばす意義があると言われており、日本における放生会は「神仏習合」の影響から、仏教と神道の両方に取り入れられました。

現代でも八幡宮をはじめとして、日本各地の寺社仏閣で続けられており、放生する動物は鯉や鳥など様々です。

本武将浮世絵の作者は、幕末時代から明治時代前期にかけて活動した浮世絵師月岡芳年」。

月岡芳年は、「血みどろ芳年」という異名が付けられるほど残酷な絵を多く描いていましたが、その一方で人柄は優しく、お祭りが好きな性格だったと言われています。また、その独特な画風は画家だけではなく、多くの文化人に影響を与えました。

大日本名将鑑 右大将源頼朝

大日本名将鑑 右大将源頼朝の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 源頼朝

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「大日本名将鑑 右大将源頼朝」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼