武将浮世絵

うたがわくによし さく「ひごのくにみずまたのかいじょうにて
ためともなんぷうにあう」
歌川国芳 作「肥後国水俣の海上にて
為朝難風に遇う」

肥後国水俣の海上にて為朝難風に遇う

本武将浮世絵は、江戸時代後期の文化から天保年間頃に制作された絵図で、「滝沢馬琴」(たきざわばきん)の読本「椿説弓張月」(ちんせつゆみはりづき)の挿絵として描かれた一場面。

椿説弓張月とは、軍記物語「保元物語」をもとに、「保元の乱」にて「崇徳天皇」に付き、敗れた「源鎮西八郎為朝」(みなもとのちんぜいはちろうためとも:以下[源為朝]と表記)が全国を漂泊し、琉球王国(現在の沖縄県)の首長となるまでを記した伝奇小説です。

歴史上、保元の乱後に伊豆大島へと流された源為朝は、その地で亡くなりました。しかし伝説によると、源為朝は伊豆大島を脱出し、諸国を遍歴したと伝えられています。

本絵図は、雁回山(がんかいさん:熊本県熊本市)に潜んだ源為朝が「平清盛」を討伐するため水俣湾より出帆し、台風に遭遇したところ。源為朝の正室「白縫姫」(しらぬいひめ)が、嵐を鎮めるために生贄となって海へと飛び込み、左には鰐鮫、中央には龍、右には源為朝を救おうとする天狗が描かれた、劇的な一場面です。

作者の「歌川国芳」(うたがわくによし)は、初代「歌川豊国」(うたがわとよくに)の門人として学び、江戸時代末期を代表する浮世絵師のひとりとなりました。歌川国芳は、「武者絵の国芳」と呼ばれるほど、武者絵で特に人気を博し、洋画風を取り入れた風景画を描くなど、新しい作風も取り入れています。

肥後国水俣の海上にて為朝難風に遇うの浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 源為朝

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「肥後国水俣の海上にて為朝難風に遇う」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼