合戦浮世絵

うたがわくにつな さく「さとうまさきよぐんばいのず」 歌川国綱 作「佐藤正清軍配之図」

佐藤正清軍配之図

本合戦浮世絵は、「朝鮮出兵」へと出発する一場面が描かれています。朝鮮出兵とは、「豊臣秀吉」指揮のもと、1592年(文禄元年)の「文禄の役」と1597年(慶長2年)の「慶長の役」の2回行なわれた朝鮮半島への侵攻のことです。

長烏帽子形兜(ながえぼしなりかぶと)を被り、意気揚々と船頭に立っている「佐藤主計頭藤原正清」とは、「加藤清正」のこと。加藤清正は、幼少期から小姓として豊臣秀吉に仕えた人物で、朝鮮へは2回とも出兵し活躍しました。

加藤清正は、漢陽(ソウル)を攻略し、李朝の王子2人を捕縛するなど大手柄。しかし、豊臣秀吉の死去に伴い撤退し、帰国後は、文治派「石田三成」と対立します。1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」では、東軍「徳川家康」に加勢して、石田三成に完全勝利。肥後国(現在の熊本県)52万石の領主となりました。

本合戦浮世絵を描いたのは、「歌川国綱」(うたがわくにつな)。初代「歌川豊国」の門人で、江戸時代後期に活躍した人物です。この時代は、江戸幕府の禁令によって、徳川家や大名家を描くことが禁止。これにより、登場人物の名前を変える「偽名絵」(にせなえ)が流行しました。

佐藤正清軍配之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国綱 浮世絵の題材 朝鮮出兵

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「佐藤正清軍配之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼