合戦浮世絵

うたがわよしとみ さく「あにがわだいかっせんうらくずれず」 歌川芳富 作「兄川大合戦裏崩図」

兄川大合戦裏崩図

本合戦浮世絵に描かれた「兄川大合戦」とは、1570年(永禄13年/元亀元年)に北近江(現在の滋賀県長浜市)で起こった「姉川の戦い」のこと。

本絵図では、姉川の戦いのなかでも特に激戦となった「金ヶ崎の退き口」(かねがさきののきくち:金ヶ崎崩れ、金ヶ崎の戦いとも)で、殿(しんがり)となった「豊臣秀吉」軍の活躍が描かれています。

姉川の戦いとは、将軍「足利義昭」を奉じて上洛を果たした「織田信長」と、反織田勢力である「朝倉義景」(あさくらよしかげ)の間で起こった合戦です。

織田信長が、織田軍と対立した朝倉氏への侵攻を開始すると、朝倉氏と縁の深かった「浅井長政」が織田軍から離反。織田軍は、朝倉軍と浅井軍から挟み撃ちにされ、撤退を余儀なくされました。この際、豊臣秀吉率いる殿軍が、織田信長の率いる本隊の撤退を援護したのです。

作者の「歌川芳富」(うたがわよしとみ)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけて活躍した浮世絵師歌川国芳」(うたがわくによし)の門人。

師・歌川国芳が亡くなったときに、歌川国芳の「死絵」(しにえ:人気のあった俳優や小説家、画家などが死亡したときに刊行された浮世絵)を描いたことで知られています。明治維新後、横浜に移住し、異国文化を主題とした「横浜絵」を多く描きました。

兄川大合戦裏崩図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳富 浮世絵の題材 姉川の戦い
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)」の「兄川大合戦裏崩図」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「兄川大合戦裏崩図」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「兄川大合戦裏崩図」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼