合戦浮世絵

ようしゅうちかのぶ さく「いしやまだいがっせんのず」 楊洲周延 作「石山大合戦之図」

石山大合戦之図

本合戦浮世絵は、「石山合戦」を描いた1枚です。石山合戦とは、「織田信長」と石山本願寺(浄土真宗)の法主「顕如」(けんにょ)が、1570年(元亀元年)から1580年(天正8年)にかけて争った約11年間にも及ぶ戦いです。

中央にいるのは、石山方の大将「小密茶」(こみっちゃ)。その下にもぐって馬の脚を摑んでいるのが織田方の「木村又蔵」(きむらまたぞう)です。木村又蔵は「加藤清正」の家臣で、「加藤十六将」のひとりと言われる猛者。

一見、小密茶が優勢でしたが、木村又蔵が小密茶を馬から降り落とし、その首を討ち取りました。結局、石山合戦は、「正親町天皇」(おおぎまちてんのう)の仲介によって和解が成立。顕如が石山本願寺を織田信長に渡し、紀州(現在の和歌山県)に退いています。

本合戦浮世絵を描いたのは、明治時代に活躍した「楊州周延」(ようしゅうちかのぶ)。歌川国芳、三代歌川豊国(襲名前の名は歌川国貞)、豊原国周に師事。美人画、役者絵、歴史絵を得意としました。

石山大合戦之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 石山合戦
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)」の「石山大合戦之図」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「石山大合戦之図」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「石山大合戦之図」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼