武将浮世絵

うたがわとよのぶ さく「さくらいえきにおいてのうかなんこうおやこけつべつのず」 歌川豊宣 作「櫻井驛於テ農家楠公父子訣別図」

櫻井驛於テ農家楠公父子訣別図

本武将浮世絵は、南北朝時代の武将「楠木正成」(くすのきまさしげ)が、嫡男「楠木正行」(くすのきまさつら)に今生の別れを告げた有名な一場面です。中央にいるのが、楠木正成。その前に座して刀剣(後醍醐天皇から下賜された菊水の短刀)を賜っているのが嫡男です。画面右にいるのは、楠木正成の弟「楠木正季」(くすのきまさすえ)。

楠木正成は、「後醍醐天皇」が行なった建武政権の樹立に貢献。しかし、鎌倉幕府を倒すために共に戦ってきた「足利尊氏」は、10万の兵を引き連れて後醍醐天皇に反旗を翻します。楠木正成は後醍醐天皇に対し、足利尊氏との和睦を提案しますが却下。楠木正成は、足利尊氏には勝てないと分かりながらも、1336年(建武3年/延元元年)「湊川の戦い」に出陣する覚悟をします。

しかし、息子だけは生き延びて、父亡きあとも後醍醐天皇に尽くして欲しいと故郷へ戻したのです。楠木正成は、予感通りに敗北。弟・楠木正季は、「七たび人間に生まれ変わっても朝敵を滅ぼす」と言い残し、兄・楠木正成と刺し違えて自害したと伝えられています。

本浮世絵を描いたのは、「歌川豊宣」(うたがわとよのぶ)。祖父は三代「歌川豊国」(うたがわとよくに:襲名前の名は歌川国貞)で、早くから絵師としての才能を開花し、今後の活躍が期待されていましたが、28歳という若さで早世。1884年(明治17年)から1886年(明治19年)と制作期間は短いものの、優れた美人画、武者絵、役者絵などを残しています。

「櫻井驛於テ農家楠公父子訣別図」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 楠木正成

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「櫻井驛於テ農家楠公父子訣別図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼