合戦浮世絵

おちあいよしいく さく「げんぺいせいすいき ながとのくにあかまのうらにおいて
げんぺいだいかっせんへいけほろびるのず」
落合芳幾 作「源平盛衰記 長門国赤間の浦に於て
源平大合戦平家亡びるの図」

源平盛衰記 長門国赤間の浦に於て源平大合戦平家亡びるの図

本合戦浮世絵の舞台となっているのは、平安時代末期、約6年に亘って、「平家」と「源氏」が覇権争いを繰り広げた「源平合戦」の最終決戦である「壇ノ浦の戦い」。

長門国赤間関壇ノ浦(現在の山口県下関市)で行なわれた同合戦では、源氏側の戦力が船830艘、対する平家側は500艘であったと伝えられており、最終的には平家が敗北を喫し、滅亡することとなりました。

本合戦浮世絵には、壇ノ浦の戦いに参陣した40名を超える武将達の名前が記載され、それぞれが非常に細かく描写されています。中央部に見られるのは、平家軍の最強の武将「平教経」(たいらののりつね)から逃れようと、「源義経」が隣の船に飛び移る様子。同合戦で源義経は、次から次へと船に飛び移って戦ったと言われており、その身軽さから、通称「八艘飛び」(はっそうとび)と言われています。

本合戦浮世絵を制作したのは、幕末から明治時代にかけて、浮世絵師として活躍した「落合芳幾」(おちあいよしいく)。1849年(嘉永2年)に、江戸時代末期の代表的な浮世絵師「歌川国芳」(うたがわくによし)に入門し、武者絵のみならず、歴史絵や美人画など、多岐に亘るジャンルを手掛けました。先に、師である歌川国芳によって同じ画題が描かれていることから、本合戦浮世絵は、落合芳幾がそれを見本として描いたと推測されています。

源平盛衰記 長門国赤間の浦に於て源平大合戦平家亡びるの図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 落合芳幾 浮世絵の題材 壇ノ浦の戦い

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「源平盛衰記 長門国赤間の浦に於て源平大合戦平家亡びるの図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼