武将浮世絵

うたがわくによし さく「ためともゆんぜいのず」 歌川国芳 作「為朝弓勢之図」

為朝弓勢之図

本合戦浮世絵の右側奥でを手にしているのは、平安時代後期の武将「源為朝」(みなもとのためとも)。弓の名手として知られ、様々な合戦などでその剛腕ぶりを発揮していました。

しかし、1156年(久寿3年/保元1年)、皇位継承問題を巡って皇室で起こった「保元の乱」(ほうげんのらん)において、源為朝は、父「源為義」(みなもとのためよし)と共に参陣しますが敗北。「伊豆大島」(いずおおしま)に流されてしまいます。

ところが、気性の荒い源為朝は、伊豆大島を領有していた「工藤茂光」(くどうもちみつ/しげみつ)に監視されながらも、略奪や乱暴を繰り返し、伊豆諸島を事実上支配していました。

本合戦浮世絵では、源為朝討伐の院宣(いんぜん:上皇、もしくは法皇の命令により出される文書)を受けた工藤茂光率いる軍勢が乗った軍船に、源為朝が矢を射かけて命中させた様子が描かれています。

この作品を手掛けた「歌川国芳」(うたがわくによし)は、「武者絵の国芳」として、高い評価を受けていた江戸時代末期の浮世絵師。1827年(文政10年)頃に出版された「通俗水滸伝豪傑」と題した揃物(そろいもの:シリーズ化された複数の浮世絵)の作品により、人気が急上昇しました。

為朝弓勢之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 源為朝

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「為朝弓勢之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼