合戦浮世絵

うたがわよしとら さく「ゆうしさまのすけあつみてきじょうをいしびやにてうちくずすず」 歌川芳虎 作「勇士左馬之助充未敵城を石弩火鉄にて打崩す図」

勇士左馬之助充未敵城を石弩火鉄にて打崩す図

本合戦浮世絵は、「歌川芳虎」(うたがわよしとら)が、1582年(天正10年)に起きた歴史的大事件「本能寺の変」の一場面を描いた作品です。3枚続で合戦の全体図を表現。燃え上がる城と城へ攻め入る明智軍が丁寧に描写された迫力ある作品に仕上がっています。

本能寺の変の首謀者「明智光秀」(あけちみつひで)の先鋒として活躍した「明智秀満」(あけちひでみつ)、通称「明智左馬之助」(あけちさまのすけ)は「本能寺」(京都府京都市)攻略後、織田信長の嫡男「織田信忠」(おだのぶただ)が立て籠る「二条城」(京都府京都市)を攻撃し、織田信忠を自害に追い込みました。

作品名にある「充未[敵]城」(あつみじょう)とは、織田家の居城「安土城」、「石弩火鉄」(いしびや)は大砲のこと。このように、「安土敵城」と表現されているのは、江戸幕府が天正年間(1573~1592年)以降の大名家や徳川家を題材にした浮世絵を禁じたためと考えられています。

作者の歌川芳虎は、天才絵師と呼ばれながらも破天荒な性格で知られた浮世絵師です。武者絵や美人画、相撲絵などを得意とし、幕末から明治時代中期にかけて活躍しました。「歌川国芳」(うたがわくによし)の門下でしたが、やがて絶縁。1868年(明治元年)の「錦絵師番付」では、横浜の異国風俗を描いた「横浜絵」(よこはまえ)の第一人者「歌川貞秀」(うたがわさだひで)に次いで番付で2位になるほど、人気を博しました。

勇士左馬之助充未敵城を石弩火鉄にて打崩す図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳虎 浮世絵の題材 明智秀満
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)」の「勇士左馬之助充未敵城を石弩火鉄にて打崩す図」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「勇士左馬之助充未敵城を石弩火鉄にて打崩す図」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「勇士左馬之助充未敵城を石弩火鉄にて打崩す図」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼