合戦浮世絵

うたがわさだひで さく「かんぐんだいしょうり」 歌川貞秀 作「官軍大勝利」

官軍大勝利

本合戦浮世絵は、「歌川貞秀」(うたがわさだひで)が、1577年(天正5年)に起きた「信貴山城の戦い」(しぎさんじょうのたたかい)を描いた作品です。

信貴山城の戦いとは、織田信長松永久秀が争った信貴山城における戦のこと。「織田信長」の家臣だった「松永久秀」(まつながひさひで)は、謀反を起こしたものの失敗に終わり、信貴山城(しぎさんじょう/奈良県生駒郡)に立て籠もります。織田軍に囲まれた松永久秀は、織田信長が欲しがっていた名茶器として名高い「平蜘蛛釜」(ひらぐもがま)を叩き割り、城に火を放って自害しました。

本合戦浮世絵では、右側に描かれている松永久秀の息子「松永小次郎」(まつながこじろう)が松永久秀の首を手に持ち、自らの喉にを突き差して火の中へ飛び込む壮絶な最期を、鳥瞰図式(ちょうかんずしき:上空から見下ろしたような図式)を用いて、臨場感たっぷりに描いています。

作者の歌川貞秀は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した浮世絵師です。「歌川国貞」(うたがわくにさだ)に弟子入りし、弱冠14歳で挿絵を描きました。緻密で鳥瞰図式の一覧図や合戦挿絵などを得意とし、「横浜絵」(よこはまえ)の第一人者として知られています。

「官軍大勝利」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川貞秀 浮世絵の題材 松永久秀

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「官軍大勝利」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼