合戦浮世絵

つきおかよしとし さく「とくがわちせきねんかんきじ
じゅうよんだいしょうとくいんでんいえもちこう」
月岡芳年 作「徳川治績年間紀事
十四代昭徳院殿 家茂公」

徳川治績年間紀事 十四代昭徳院殿 家茂公

本合戦浮世絵は、1876年(明治9年)に「月岡芳年」(つきおかよしとし)が手掛けた作品で、徳川政権時代における歴史的な行事を描いたシリーズの1作です。3枚続で、表情や動きが異なる無数の武士達が躍動感いっぱいに表現されています。

本合戦浮世絵の詞書(ことばがき:浮世絵の画中に添えられた説明)によると、徳川幕府14代将軍「徳川家茂」(とくがわいえもち)は、「第二次長州征伐」(だいにじちょうしゅうせいばつ)で幕府軍の指揮を執るため、1865年(慶応元年)5月16日に「江戸城」(東京都千代田区)を発ち、「大坂城」(大阪府大阪市)に上洛。大坂城では、徳川家茂を前に、幕府軍の武士達による合戦さながらの武芸の演習が実施されました。

作者の月岡芳年は、「最後の浮世絵師」と称され、浮世絵の終末期に活躍した絵師です。「残酷絵」、「血みどろ絵」などと言われる、生々しい血を描いた作品で知られていますが、美人画や武者絵など、様々なジャンルでも佳作を遺し、当時絶大な人気を誇りました。精神的な疾患を抱えながらも亡くなる直前まで絵筆を握り続け、生涯で10,000点にもおよぶ作品を描いたと言われています。

徳川治績年間紀事 十四代昭徳院殿 家茂公の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 徳川家茂

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「徳川治績年間紀事 十四代昭徳院殿 家茂公」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼