武将浮世絵

ようしゅうちかのぶ さく「なすのよいち」 楊洲周延 作「那須与一」

那須与一

本合戦浮世絵は、「楊州周延」(ようしゅうちかのぶ)が、平安時代の戦争「源平合戦」を描いたシリーズの一作。源氏方のの名手「那須与一」(なすのよいち)が放った弓が、見事に的を射抜いた場面です。一見、シンプルに見えて細部まで丁寧に描写され、楊州周延の画力の高さを窺わせる作品に仕上がっています。

軍記物語「平家物語」の一節「扇の的」とは、1185年(元歴2年/寿永4年)、源平合戦の最終局面「治承・寿永の乱」において、両軍が休戦状態になった際に起こった逸話です。平家方の小舟に乗った女性が「この扇を矢で射抜いてみろ」と源氏方を挑発したところ、那須与一は見事に扇を射抜き、その後、弾みを付けた源氏が平家に勝利するのです。

作者の楊州周延は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した浮世絵師です。武者絵で名高い「歌川国芳」(うたがわくによし)に学びながらも、新政府に抵抗し、「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)に参戦した珍しい経歴の持ち主。旧幕府軍の艦隊を率いた「榎本武揚」(えのもとたけあき)に従い、五稜郭(ごりょうかく:北海道函館市)にも籠城したと言います。

新政府により謹慎処分となりますが、その後浮世絵師に復帰し、臨場感あふれる戦争絵などで人気を博しました。

那須与一の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 那須与一

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「那須与一」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼