武将浮世絵

つきおかよしとし さく「とくがわちせきねんかんきじ
しょだいあんこくいんでんいえやすこう」
月岡芳年 作「徳川治績年間紀事
初代安国院殿家康公」

徳川治績年間紀事 初代安国院殿家康公

本武将浮世絵「徳川治績年間紀事 初代安国院殿家康公」(とくがわちせきねんかんきじ しょだいあんこくいんでんいえやすこう)は、歴代の徳川将軍を画題としたシリーズの1作です。

1572年(元亀3年)、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名武田信玄」率いる大軍が、遠江国(現在の静岡県西部)へ侵攻。「徳川家康」は同盟関係にある「織田信長」より援軍を得て三方ヶ原(現在の静岡県浜松市北区)でこれを迎え撃ちます。しかし数に勝る武田軍に圧倒され、徳川家康は命からがらの敗走を強いられました。 本武将浮世絵では、この「三方ヶ原の戦い」で徳川軍の殿(しんがり)を務めた中央の「本多忠勝」(ほんだただかつ)が、右手側の徳川家康に称賛される様子が精緻な筆致で表現されています。本多忠勝は「徳川四天王」のひとりに列せられる勇将であり、生涯徳川家康に忠誠を尽くしました。

本武将浮世絵を描いた「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、幕末から明治時代中期にかけて活躍した浮世絵師です。「無残絵」と呼ばれる衝撃的な作品で知られる一方、合戦絵や美人画、役者絵など、多種多様な浮世絵の分野で才能を発揮。「芳年ワールド」とも言うべき独自の画風で、現在も高い人気を博しています。

徳川治績年間紀事 初代安国院殿家康公の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 徳川家康

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「徳川治績年間紀事 初代安国院殿家康公」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼