武将浮世絵

なかざわとしあき さく「にほんれきしきょうくんが ろく おおいしよしたか/よしお」 中澤年章 作「日本歴史教訓画 六 大石良雄」

日本歴史教訓画 六 大石良雄

1701年(元禄14年)、「江戸城」本丸大廊下(通称:松の廊下)にて小刀を振るい、刃傷事件を起こした播磨国赤穂藩(現在の兵庫県赤穂市)の藩主「浅野長矩」(あさのながのり:呼称は[浅野内匠頭])は、切腹を命じられ、赤穂浅野家は取り潰しとなってしまいます。

赤穂藩の筆頭家老であった「大石良雄」(おおいしよしたか/よしお)こと「大石内蔵助」(おおいしくらのすけ)は、浅野長矩の弟「浅野長広」(あさのながひろ:通称[浅野大学])を立ててお家再興を図りますが、幕府が聞き入れることはありませんでした。浅野長広には広島藩お預かりが言い渡されます。

本武将浮世絵は、「日本歴史教訓画」シリーズの1作で、お家再興の望みを絶たれた大石内蔵助が、主君の仇討ちを決意する場面を描写。背景の城は、天主の様子から「広島城」(広島県広島市)であると考えられています。

作者は、明治時代に活躍した浮世絵師中澤年章」(なかざわとしあき)。「月岡芳年」(つきおかよしとし)の門人であり、「武者絵」や「戦争絵」などを得意としました。後年は山梨県内に在住し、多くの傑作肉筆画を残しています。

日本歴史教訓画 六 大石良雄の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 中澤年章 浮世絵の題材 大石内蔵助
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)」の「日本歴史教訓画 六 大石良雄」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「日本歴史教訓画 六 大石良雄」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「日本歴史教訓画 六 大石良雄」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼