武将浮世絵

あだちぎんこう さく「だいにほんしりゃくずえ ごじゅう
いちのたにのかっせんになおざねあつもりをうつ」
安達吟光 作「大日本史略図会 五十
一谷の合戦に直実敦盛を討つ」

大日本史略図会 五十 一谷の合戦に直実敦盛を討つ

本武将浮世絵の舞台は、平安時代の「源平合戦」。描かれているのは、須磨(現在の兵庫県神戸市)における「一ノ谷の戦い」(いちのたにのたたかい)で、熊谷直実(くまがいなおざね)が平敦盛(たいらのあつもり:平清盛の甥)を討つ場面です。

「平家物語」の描写によると、源義経(みなもとのよしつね)の奇襲戦「鵯越の逆落とし」(ひよどりごえのさかおとし)により平氏が劣勢となるのを見て、平敦盛は海上の船に逃げようと馬を海に進めていました。

これを見掛けた熊谷直実は、平敦盛の豪華な鎧や太刀などから大将軍と察し、「見苦しくも、敵に背を向けるのですか。お戻り下さい。」と呼び掛けます。引き返した平敦盛を、熊谷直実はむんずと掴んで組み伏せますが、首を取ろうと兜を押し上げた所、17歳ほどの美しい若者で自分の息子と同じ年頃なので、刀を立てることに躊躇します。そのうちに源氏軍が近づいてきたので、やむを得ず泣きながら平敦盛の首を斬りました。鎧直垂(よろいひたたれ)で首を包もうとすると、腰に差してある笛が目に留まります。

平敦盛は笛の名人で、祖父平忠盛が鳥羽院から拝領した笛を譲り受けていたのでした。熊谷直実は明け方に聞こえた優雅な音楽がこの笛から発せられていたことを知り、世の無常を感じて、 のちに出家し浄土宗の開祖「法然」(ほうねん)の門弟となります。

この悲劇は能や幸若舞(こうじゃくまい:中世に流行した舞の一種)の題材とされ、出家した熊谷直実が世をはかなむ歌詞「人間五十年 下天のうちを比べれば 夢幻の如くなり」で有名です。戦国武将織田信長(おだのぶなが)もこれを好み、「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)前夜に舞ったと伝わります。

本武将浮世絵の作者は、明治時代に活躍した安達吟光(あだちぎんこう)。別号は「銀光」もしくは「松雪斎」。安達吟光の役者絵豊原国周(とよはらくにちか)の影響が指摘されていますが、師弟関係や流派は不明です。主に時局絵(じきょくえ:浮世絵の様式のひとつで、当世の時事を題材とする。)を描いています。

大日本史略図会 五十
一谷の合戦に直実敦盛を討つの浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 安達吟光 浮世絵の題材 一ノ谷の戦い
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)」の「大日本史略図会 五十 一谷の合戦に直実敦盛を討つ」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「大日本史略図会 五十 一谷の合戦に直実敦盛を討つ」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「大日本史略図会 五十 一谷の合戦に直実敦盛を討つ」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼