合戦浮世絵

あだちぎんこう さく「だいにほんしりゃくずえ はちじゅう
おけはざまのかっせんにいまがわよしもとうちじにす」
安達吟光 作「大日本史略図会 八十
桶狭間の合戦に今川義元討死す」

大日本史略図会 八十 桶狭間の合戦に今川義元討死す

本合戦浮世絵の舞台は、「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)。描かれているのは、激しい雨が降りしきる中、織田信長(おだのぶなが)の奇襲作戦により、家臣の毛利良勝(もうりよしかつ)が今川義元(いまがわよしもと)を討つ瞬間です。

この合戦以前、尾張国(おわりのくに:現在の愛知県東部)では、織田信長の父である織田信秀が病死すると、織田信長と弟・織田信行(おだのぶゆき)による後継争いが生じました。

当時、駿河国(するがのくに:現在の静岡県東部)、遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)、三河国(みかわのくに:現在の愛知県東部)を支配していた今川義元は、この混乱に乗じて、鳴海城(なるみじょう:現在の名古屋市緑区鳴海町に存在した城)や沓掛城(みなかけじょう;現在の豊明市沓掛町に存在した城)など尾張国の一部を掌握します。

永禄3年(1560年)5月19日、さらなる勢力拡大を狙って、今川義元は25,000の兵を率いて尾張国へ攻め込みました。迎え撃つ27歳の織田信長の兵はわずか4,000ばかり。もはや勝ち目がない戦とされていました。

ところが織田信長は、その日の昼過ぎ、雹(ひょう)混じりの雨を味方に敵の監視を掻い潜り、桶狭間の今川義元本陣へ奇襲します。豪雨の中、突然の攻撃に今川義元の本陣は大混乱。その隙を見て、毛利良勝は今川義元へ向かって突進し総大将の首を斬りました。

本合戦浮世絵の作者は、明治時代に活躍した安達吟光(あだちぎんこう)。別号は「銀光」もしくは「松雪斎」。安達吟光の役者絵豊原国周(とよはらくにちか)の影響が指摘されていますが、師弟関係や流派は不明です。

「大日本史略図会」(だいにほんしりゃくずえ)は、南柯亭夢覚(なんかていむかく:高橋柯亭とも)が詞書(ことばがき)を担当し、大倉孫兵衛(おおくらまごべえ)が出版したシリーズ絵。大倉孫兵衛は製陶業界の経営者として有名ですが、幕末から明治初期にかけては版元として活躍しています。

大日本史略図会 八十
桶狭間の合戦に今川義元討死すの浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 安達吟光 浮世絵の題材 桶狭間の戦い
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)」の「大日本史略図会 八十 桶狭間の合戦に今川義元討死す」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「大日本史略図会 八十 桶狭間の合戦に今川義元討死す」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「大日本史略図会 八十 桶狭間の合戦に今川義元討死す」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼