武将浮世絵

つきおかよしとし さく「みなもとうしわかまるそうじょうぼうにぶじゅつおぼえず」 月岡芳年 作「源牛若丸僧正坊二武術覚図」  - 刀剣ワールド

源牛若丸僧正坊二武術覚図

本武将浮世絵は、鞍馬山に住む大天狗の「僧正坊」(そうじょうぼう)が、「牛若丸」(うしわかまる)に兵法を教えたという伝説を題材にして描いています。牛若丸(のちの源義経)は、鎌倉幕府初代将軍である「源頼朝」(みなもとのよりとも)の異母弟。1159年(平治元年)に生まれ、同年に起こった平治の乱後、捕らえられて京都鞍馬寺(くらまでら)に預けられました。

本武将浮世絵では、僧正坊が牛若丸に稽古を付ける場面が、躍動感たっぷりに描かれています。画面中央にいるのが牛若丸。カラス天狗達と稽古に励んでおり、その様子を僧正坊がじっと見ています。画面左で日本刀を持っているのは喜三太(きさんた/きさんだ)です。「義経記」(ぎけいき)などに登場する架空の人物で、源義経の郎党とされています。

作者の「月岡芳年」(つきおかよしとし)は幕末から明治時代初期にかけて活躍した浮世絵師です。12歳のときに江戸時代後期の人気浮世絵師「歌川国芳」(うたがわくによし)の弟子となり、15歳で浮世絵師としてデビューしました。武者絵の他、妖怪画や美人画、故事を題材とした作品を数多く発表しています。

源牛若丸僧正坊二武術覚図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 源義経
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将)」の「源牛若丸僧正坊二武術覚図」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「源牛若丸僧正坊二武術覚図」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「源牛若丸僧正坊二武術覚図」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼