武将浮世絵

ようしゅうちかのぶ さく「げんぺいせいすいき きゅう たいらのあつもり」 楊洲周延 作「源平盛衰記 九 平敦盛」

源平盛衰記 九 平敦盛

本武将浮世絵で描かれたのは、鎌倉時代に成立したと考えられる軍記物語「源平盛衰記」(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)の一場面。「源平盛衰記」は、源氏と平氏の争乱を描いた「平家物語」の異本の一種と考えられており、源氏に関する内容や仏教説話、故事などが増補されました。

本武将浮世絵は、平安時代末期の武将「平敦盛」(たいらのあつもり)が、「一ノ谷の戦い」で「熊谷直実」(くまがいなおざね)に討ち取られる場面を描いています。を取り、海岸に座っているのが平敦盛。その背後に立ち、厳しい表情で日本刀を構え、今にも首をはねようとしているのが熊谷直実です。

「平家物語」では「敦盛の最後」と題し、熊谷直実が自分の息子と同じ年頃の平敦盛を涙ながらに討つ様子を描いており、名場面として知られています。のちに謡曲や浄瑠璃、歌舞伎の題材にもなりました。

作者の「楊州周延」(ようしゅうちかのぶ)は、幕末から明治時代にかけて活躍した浮世絵師です。

はじめ「歌川国芳」(うたがわくによし)に学び、次いで「歌川国貞」(うたがわくにさだ)、「豊原国周」(とよはらくにちか)の門人となりました。美人画や開化絵など、様々な作品を手がけています。

源平盛衰記 九 平敦盛

源平盛衰記 九 平敦盛の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 楊洲周延 浮世絵の題材 一ノ谷の戦い
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)」の「源平盛衰記 九 平敦盛」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「源平盛衰記 九 平敦盛」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「源平盛衰記 九 平敦盛」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼