合戦浮世絵

つきおかよしとし さく「やしまだいがっせんのず」 月岡芳年 作「矢嶋大合戦之図」  - 刀剣ワールド

矢嶋大合戦之図

本合戦浮世絵は、題に「矢嶋大合戦」とありますが、題材は「源平合戦」の最後に行われた「壇ノ浦の戦い」。

右奥には源平両軍の船戦を、手前中央と左には源平代表の2人を描きます。左は、平清盛の娘で安徳天皇の母・建礼門院(平徳子)。船の幕に平氏の揚羽蝶紋(あげはちょうもん)が、帳(とばり)に皇室の桐紋が表されます。中央の、建礼門院と対面する武者は源義経。源氏の竜胆紋(りんどうもん)をあしらった直垂と赤糸威の甲冑を着る姿は、同じ月岡芳年作「源平矢嶋大合戦之図」での源義経と共通します。

にV字形の鍬形と獅子の頭立が付くこの甲冑は、「集古十種」甲冑の部の最初に掲載される「源義経の大鎧」を引用したもの。「集古十種」掲載の当該甲冑を登場させた表現からは、様々な資料を駆使して作品に説得力を持たせようとした月岡芳年の工夫がうかがえます。

源義経は、源平合戦後に兄の源頼朝と関係が悪化。各地を転々と逃れ、最期は陸奥の平泉で自害しました。建礼門院も、父の平清盛を背後に高倉天皇の后となりますが、源平の争いに巻き込まれて我が子の安徳天皇や平家一門の多くを失い、京都大原の寂光院で余生を過ごしました。

源義経と建礼門院が直接会った史実は確認できませんが、激動の生涯を送った2人には注目が集まり、源義経と建礼門院が男女の関係を結んだとするスキャンダラスな逸話も生まれました。本浮世絵は、この話を知る人が鑑賞すれば「平家物語」の筋書きにとどまらず、その後の刺激的な展開の想像をもかき立てられる一面もはらんでいます。

矢嶋大合戦之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 源義経
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」。こちらのページは「武者絵(刀剣・合戦・侍・武将)」の「矢嶋大合戦之図」ページです。
武者絵のなかでも、甲冑姿の武将を描いた浮世絵・武者絵。こちらでは「矢嶋大合戦之図」の写真・画像と解説がご覧頂けます。写真・画像は拡大できますので、「矢嶋大合戦之図」の世界を隅々までご堪能下さい。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼