合戦浮世絵

うたがわくによし さく「かわなかじまだいかっせんのず」 歌川国芳 作「川中島大合戦之図」

川中島大合戦之図

甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名で「甲斐の虎」と恐れられた「武田信玄」と、越後国(現在の新潟県)を治め「越後の龍」と呼ばれた「上杉謙信」は、北信濃(現在の長野県北部)の覇権を巡り5度にわたって戦いました。これらの戦いは、千曲川(ちくまがわ)と犀川(さいがわ)が合流する三角地帯の川中島周辺で行なわれたことから、「川中島の戦い」と総称されています。

そんな、長きにわたる戦いの間には、和睦(わぼく)の機会もあったのです。本合戦浮世絵は、1558年(永禄元年)5月15日に、武田軍と上杉軍が和睦について話し合うため、千曲川を挟んで対面したときの様子が描かれています。しかし、ここでは床几(しょうぎ:折り畳み式の腰掛け)に坐した上杉謙信に対して、武田信玄が馬上から呼び掛けたため無礼とされ、両者の和睦は成立しませんでした。

本合戦浮世絵の制作者である「一勇齋国芳」(いちゆうさいくによし)は、江戸時代末期の人気浮世絵師歌川国芳」(うたがわくによし)の画号のひとつです。

多種多様な題材で多くの傑作を残した歌川国芳は、合戦浮世絵や武者絵でも才能を遺憾なく発揮。本合戦浮世絵においても、千曲川の流れを大胆に取り入れることで、両雄が対峙する緊張感を見事に表現しています。

川中島大合戦之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 川中島の戦い

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「川中島大合戦之図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼